家庭で行う脱毛方法はどうだろう?

家庭で行う脱毛と、医療用レーザー脱毛を比べてみましょう。家庭で行う脱毛としてメジャーなものは剃刀で毛をそること、脱毛クリーム。あとは、家庭用の光脱毛があります。
剃刀と、脱毛クリームはお手軽でいいのですが、お肌に負担を与えるものです。脱毛クリームは、アルカリ性の溶液で毛を反応させて溶かすものなのですが、毛だけではなく皮膚の表面も溶かします。なので、徐々に肌に影響を与えていきます。また、毛根の働きをおさえることはなかなかできないので何度も繰り返し使用しなければなりません。お肌の弱い方は特に影響が大きいので気をつけましょう。肌が赤くなったりかゆくなってきたら注意です。
最後に、家庭用の光脱毛です。これは医療用レーザーを出力をとても弱くした光だと思って下さい。サロンで使われているものよりさらに光を弱くしています。これも黒いものにだけ反応する光を照らして毛根の働きをおさえる効果があります。しかし、出力が弱いので、何度も使用しなければなりません。単純にけっこう面倒臭いです。自宅で好きな時にできると言えばいいのですが、自宅で自分の意思で継続するのはけっこう大変です。途中で断念してしまったという話も良く聞きます。

こちらの記事も読まれてみます